3 柏市立柏第一小学校

〒277ー0841

柏市あけぼの1-7-6

2 柏市立柏の葉小学校

  〒277ー0004

  柏市十余二348番地51

  中央404街区1

4 柏市役所沼南庁舎

〒277ー8503 

柏市大島田48番地1

℡ 04ー7192-2926

1 柏市中央体育館

    〒277ー0004 

    柏市柏下73

    ℡ 04ー7164ー9573

​5 新田原近隣センター

〒277ー0017 

柏市東柏2丁目2−15

℡ 04ー7167-1276

Please reload

Recent Posts

アスリートとともにボッチャ体験

February 12, 2017

1/5
Please reload

Featured Posts

体幹トレーニング 見直そう 自分のカラダの動き!

2/25/2017

 

2017.2.19 柏市中央体育館にて

柏レクセミナー ~体幹トレーニング 見直そう 自分のカラダの動き!~

講師: 東京藝術大学 体育非常勤講師 林 久仁則 氏

 

学んだこと・・・

 

古武術・武道の根底に流れる身体感覚をもとにしたカラダの動きを教示していただいた。

☆呼吸を整えて、自己のカラダ全体をながめ、ココロを整える•••

☆肩を中心に肘を回転する•••肩甲骨の運動かな?

☆力を抜いた"動き"が予想以上のパワーを発揮する!

そして・・・

☆ヒモトレ(ひもトレーニング)の不思議!

 

目からウロコが落ちる思いです。

 

ヒモトレ・・・不思議な世界

 

ヒモトレ®︎については、バランスボードを通じて小関勲氏の著書から知ることとなったのですが•••

腰にひもを巻いたり、両手にかけたり、肩にたすきがけしたりすると運動機能が亢進し、カラダのバランスが良くなって、カラダの動きが良くなるってことらしい。不思議ですよね。その効果はどこから導かれるのか、何故そうなるのか、良く分かっていないといいます。東海大学医学部と国士館大学とが共同で、小関氏にも参加してもらい、研究しているとのことです。

 

筆者にとって興味関心のある"運動の世界"。なお一層魅力ある世界になりそうだ。

 

追記すべきことがあります。

ヒモトレ・・・パートナーを組んだ高齢の女性、私よりも年上だと思うから67〜68歳?

腕立て伏せに挑むんですが、何回やっても一度もできません。かなりチャレンジしました。

ヒモを巻いて試すんですが、最初のうちはできなかったな。

 

何回もチャレンジしているからかなり疲れているはずです。そこで三度ヒモを巻いて挑戦です。そしたら、「い〜ち、に〜」できたじゃないですか‼︎

びっくりですよ。本人が一番びっくりしているようだ。おまけに嬉しかっただろうなと思います。

バランスボードトレーニング・・・

 

私が、この世界に興味を抱いたのは、細胞分子生物学の跡見順子氏の講義を聴講したことがきっかけとなりました。それは、6週間のバランスボードトレーニングを行なうと、バランス能力が向上すると同時に、脳の前頭葉と島を連携する灰白質のVolumeを拡大させるというものでした。このことは、身体バランス制御能力の向上が、環境適応に重要と考えられている脳領域の器質的変化を促しているというのです。

 

そこで、小関氏が製作するバランスポードを手に入れて試してみると、時間の経過とともにバランス感覚は次第に高まり、運動能力も確実に向上していくことを実感するのですが、一方で「なぜ?」という疑問が次第に大きくなっていくのです。しかし、小関氏は言います、「わからないからいい」「考える前に感じる」ってね。

どこかで聞いたセリフだ。「Don't think!」「Feel!」(by Bluce Lee)

 

古武術家とバランストレーナー

 

古武術を主とした身体技法の研究をしている甲野善紀氏とバランスに着目して独自の指導を行っているバランストレーナー小関勲氏は、科学では解き明かせないような身体運用法などについて、互いに共通項を見出して、十数年にわたり親交を深めて今日に至ります。

 

古武術の技=バスケットボールの技術を磨く・・・

 

さらにさらに、進学校として名高い桐朋高校のバスケ部の話。同校のバスケ部は、長らく上位に勝ち上がることができない弱小チームであったにもかかわらず、金田伸夫監督は、甲野善紀氏が研究する古武術の技から獲得した身体感覚を練習に取り入れることによって、選手の運動能力を格段に向上させ、わずか1年でインターハイへと導き、強豪校と互角に戦うまでに選手を育て上げたというのです。

 

実に興味深い話ではありませんか。詳細はここでは書きませんが、キーワードは「ナンバ走り」「自在に動く肩甲骨」の二つです。

筆者は今「バランス」を実践するに当たり、跡見順子氏、小関勲氏そして甲野善紀氏を切り離して語ることはできないと思っています。不可思議な”運動の世界”にはまってしまい、ますます面白くなりそうだ。Tomy's world(笑)